鰤(ブリ)は成長するにしたがって名前の変わる出世魚で、縁起の良いとされている魚です。
 関東ではワカシ(体長15cm前後)、イナダ(40cm前後)、ワラサ(60cm前後)、ブリ(80cm前後)。関西ではワカナ、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリと大きくなるにつれて名前も変わります。温暖性の回遊魚で日本列島沿岸を、夏は南から北へ、晩秋には北から南へ移動する魚です。したがって各地で水揚げされるため、最終名のブリは同じでも、成長する段階での地方名は100以上あるといわれています。その中の一つ“ハマチ”は、関西では天然魚の成長過程の一名ですが、関東での“ハマチ”は養殖魚全般を指します。ですからハマチの大きく成長したものを、ブリと呼んでも間違いではありません。

                                  ☆ ☆ ☆

  ブリの旬は勿論冬、厳寒の荒波にもまれて身も締まり、脂ものった寒ブリは、北陸から西、関西、九州地方で、お正月に欠かせない祝い肴として定着しています。

 体重が7kg以上の大きさの魚をブリと呼んでいますが、魚体が丸く張りがあり、お腹が銀白色に輝いたものが良い魚です。切り身にした場合、血合肉の赤く鮮明なものが良いものです。
 ブリの食べ方としては刺身、すし種が定番ですが、照り焼きが絶品。塩焼きも良し。あら料理のブリ大根などはEPA,DHAの供給源になる料理ですし、関西や九州では正月の雑煮に欠かせない食材です。