サンマ・カマスの
干物

 秋の“ひもの(干物)”の代表といえば、まず“秋刀魚のひもの(サンマの干物)”でしょう。脂の乗った“サンマのひもの”は昔から秋の食卓を賑わしてきました。とくに生のサンマをいやがる大人や子供も、ひものにした物なら食べるという人が多くいます。ひものにした為に腹ワタ等の臭いが少なくなり、又骨ばなれが良いので食べ易くなっているためでしょう。もうひとつ秋のひものの代表としては昔から「カマス」のひものがあります。特に秋になるとホンガマス(アカガマス)が、魚体も大きく肉厚で脂が乗ってきて味が一段と良くなってきます。

                                  ☆ ☆ ☆

 昔の小田原のメーカーが“秋の名月カマスのひもの”と書いた絵チラシを入れてきたのが思い出されます。もう一種類のミズガマスは春から夏にかけて出廻るヤマトガマスの干物です。上手に焼いて、美味しく食べて下さい。

 カマスもサンマも共に細長い魚ですが、ひものにして開いた時、見た目にまるみを帯びていて、肉が厚く色艶の良い物がおすすめです。焼き過ぎて脂分や旨味を落とさない様に上手に焼いて下さい。