蒲鉾・伊達巻


 おせち料理でどなたでもそろえるのが、かまぼこと伊達巻ではないでしょうか、かまぼこは産地によって原料の魚が違ったりします。関東では最近は小田原産のかまぼこが人気です。小田原産のかまぼこはグチ(イシモチ)が主な原料に使われており独特のモチモチの歯ごたえ「あし」があります。かまぼこは本来魚が持つ健康に良い面を当然持っており、それプラス魚の繊維をすりつぶしてあるので消化にとても良く、手軽に取れる高蛋白、低カロリーの食品です。最近は保存料や人工の着色料を添加していない商品も多くなりました。板付け蒲鉾は製造法によって蒸し蒲鉾とリテナー(半真空)に大別できます。一般的に蒸し蒲鉾のほうに高級品が多いようです。

                                  ☆ ☆ ☆
 伊達巻は元々東京(江戸)で造られ食べられていた食品ですが、最近、東京はもちろん小田原、焼津、由比、いわき、新潟と産地が色々有ります。産地により味も食感も価格も違いますのでお好みの商品をお選びください。伊達巻は魚肉、鶏卵、砂糖をほぼ等量で作ります。最近はジューシーな商品が好まれています。

 
 
蒲鉾は触ってみて硬くない、弾力があるもので、原料がグチ、エソ、イサキなどが良質とされています。澱粉はなるべく少ないものが良いものとされます。蒲鉾を板からはずすには、包丁のみね(背)を使うときれいにはずせます。
 伊達巻には砂糖(蜜)が使われていますので商品の中には蜜がにじみ出ているものがありますが、伊達巻の特性ですので不良品ではありません。