伊勢海老



 
伊勢海老(イセエビ)は茨城県より南の太平洋沿岸の岩礁に生息しています。昼間は岩礁の下に潜んでいて、夜になるとカイ、ゴカイ、小エビやカニ等の餌探しに出歩きます。産卵期は6月から8月、旬は8月の禁漁期を除く6月から11月で、特に餌を沢山食べて太っている秋ものが美味しいです。生産地は千葉県、伊豆七島、静岡県、三重県、和歌山県、九州等が挙げられます。伊勢湾で、多く獲れたことから「伊勢海老」と呼ばれ、伊勢湾ものが一番美味しいと言う説もありますが定かではありません。かってのバブル期にはパーティやお祝いの席に欠かせない食材でしたが、長引く不況でめっきり需要が少なくなりました。調理法としては、活造り、鬼殻焼き、具足煮、テルミドール等、和洋さまざまな方法で供されております。

                                       



    1. ひげがピンと張り、脚がしっかりしているもの。
    2. 殻が硬いもの。
    3. 太っていて身がはっているもの。
    4. 色が濃いめのもの。
    5. 大きさは二五〇g―三〇〇g位のもの(大型のものは大味)
    以上の点を参考にお買い求め下さい。