田作り



 
田作り、または「ゴマメ」ともいいます。素材は片口イワシの小才です。
 この片口イワシを生から干し上げたものが田作りです。昔これを焼いて田んぼにまいたところ収穫量がぐんと増えたので田作りと呼ばれたといいます。
 では簡単に作り方を説明します。フライパンで、よく炒ります。こがし過ぎないようにして下さい。炒り終わったら、冷ましておきます。しょう油と砂糖を適宜にナベに入れ酒を少々加えて煮詰めます。これに先程炒った田作りを入れて、からませれば出来上がりです。

                                        ☆ ☆ ☆

 とかく、柔らかもの中心で片寄りがちなおせち料理の栄養バランスを取るには最高の食べ物です。カルシウム、ミネラル類を豊富に含んだ健康食品ですので、お正月以外でも育ち盛りのお子さんにはオヤツ代わりに食べさせてほしい食品です。骨が丈夫になりますよ。出来上がりが市販されておりますが、作り方が簡単ですので、一度挑戦してみてはいかがですか。




 
田作りは色つやの良いものを選びましょう。大きさはお好みで構いませんが、4〜5cm位の物が使いやすいと思います。また、赤くなった物は油やけしているので避けましょう。
  食べ方は、おせち料理のように甘辛く味付けして食べるか、炒った田作りにお湯をかけ、よく水気を切り、塩をかけて食べても美味しいですよ。