アワビとトコブシ

質 問
アワビとトコブシはどこが違うか。

回 答
ミミガイ科の貝のうち、大型になる種をアワビ、小型の種をトコブシと呼ぶ傾向がある。日本産の種類については殻に開いた孔の数で区別できる(4〜5がアワビ、6〜9がトコブシ)が、外国産のアワビには孔の数が多いものもある。このように、種類によってアワビやトコブシと呼んでいるだけで分類学的な分け方ではない。築地市場でも、アワビ類の若い個体をトコブシとして販売していることがある。

解 説
 

アワビやトコブシは原始腹足目ミミガイ科の巻貝で、世界中で100種あまりが知られている。日本には約9種分布する。このうち九州以北でふつうに見られ、食用にされるものは、メガイアワビ、クロアワビ、マダカアワビ、トコブシの4種である(エゾアワビはクロアワビの北方型)。古来日本ではアワビとトコブシは区別されておらず、延喜式ではトコブシを小鰒としている。後の時代になると、大型になり殻に開いている孔の数が少ないものを鮑(アワビ)、小型で孔の数が少ないものを床伏(トコブシ)として区別した。アワビの種が区別されるようになったのは明治時代以降と思われる。それまではクロアワビとメガイアワビの雌雄と考えられていた(マダカアワビは産地が限られ産額も少なかったので、一般的ではなかった)。現在でもクロアワビを「おんがい(雄貝)」、メガイアワビを「めんがい(雌貝)」と呼ぶことがある。

※927年、平安時代中期の政府の慣例集

 アワビ類は、主に殻の色や形で識別する(図を参照)。しかし、殻に海藻やフジツボなどが付き、一見して種類を識別するのが困難な場合もある。足裏の色は、クロアワビは暗緑色、メガイアワビとマダカアワビは淡黄褐色である。また雌雄は足をめくると見えるツノ(肝臓と生殖腺)の色(雄はクリーム色、雌は暗緑色)で区別できる。
 アワビの語源については「合わぬ身」、「合わす身」、「合わで開く」など多くの説があるが、はっきりしない。トコブシは、岩棚の間に張り付いている姿から「床伏し」。


備 考
現在、日本には世界中からアワビ類が輸入されている。生や冷凍、加工品のほか、生かしたまま空輸されるものも少なくない。2000年には800トン輸入された。
 日本に輸入される主な種類(産地)は、アカネアワビ(アメリカ西岸、チリ(養殖))、ミダノアワビ(南アフリカ)、アカアワビおよびビクトリアアワビ(オーストラリア)、ヘリトリアワビ(ニュージーランド)、フクトコブシ(台湾(養殖))、ルソントコブシ(フィリピン)、ミミガイやマアナゴ(東南アジア)、セイヨウトコブシ(西アフリカ)などである。

参考文献
アボット,R.T.・S.P.ダンス. 1985. 世界海産貝類大図鑑. 平凡社, 東京.
奥谷喬司(編著). 1986. 決定版生物大図鑑 貝類. 世界文化社, 東京.
奥谷喬司(編著). 2000. 日本近海産貝類図鑑. 東海大学出版会, 東京
川名 興(編). 1988. 日本貝類方言集. 未來社, 東京.
矢野憲一. 1989. ものと人間の分化史62 鮑(あわび). 法政大学出版局, 東京.

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.