「あかうお」とは何か

質 問
「あかうお」とは何か。

回 答
(1)「あかうお」は、いくつかの輸入メヌケ類(フサカサゴ科メバル属のうち、体が赤い種類)の流通上の名称。現在、「あかうお」と呼ばれているものは、アラスカメヌケ(北部北太平洋産)、モトアカウオおよびチヒロアカウオ(北部北大西洋産)の3種である。

(2)ハゼ科の1種の標準和名(和名)

解 説
 

(1) アラスカメヌケ Sebastes alutus
最も早くから「あかうお」として流通した魚。阿部(1970)は「新顔の魚」で本種の和名を「アカウオ」としたが、既に本種に対しては上野(1965)や岡田・小林(1968)などによりアラスカメヌケという和名が使用されていた。
 宮城県以北、ベーリング海からカリフォルニア南部に分布。水深55〜640mに生息し、体長は40cmぐらいになる。ベーリング海・アリューシャン列島周辺・アラスカ湾で漁獲されたものが、アメリカなどから冷凍のドレスで輸入されている。煮付け、塩焼き、唐揚げ、粕漬け、干物など。

モトアカウオ(タイセイヨウアカウオ) Sebastes marinus
 北部北大西洋の水深100〜1000mにすむが、400m以浅に多い。体長は1mになるが、35〜55cmがふつう。カナダ沖・アイスランド・グリーンランド周辺海域で漁獲されたものが、ヨーロッパなどから冷凍のドレスで輸入されている。利用方法はアラスカメヌケと同じ。

チヒロアカウオ(オキアカウオ) Sebastes mentella
 北部北大西洋の水深300〜1000mにすむが、400〜600mに多い。体長は55cmになるが、40cmまでがふつう。モトアカウオと同じ海域で漁獲され、ヨーロッパなどから冷凍のドレスで輸入されている。利用方法はアラスカメヌケと同じ。


(2) アカウオ Ctenotrypauchen microcephalus
ハゼ科アカウオ属の魚。太平洋側では愛知県から宮崎県、日本海側では新潟県から長崎県に分布し、国外では朝鮮半島以南のインド・西太平洋に分布する。主に内湾の軟らかい泥の中にすむ。全長16cmになる。小型で漁獲量も少ないので利用されない。


参考文献
阿部宗明. 1970. あかうお. p.4. 新顔の魚I. 伊藤茂造魚学研究所, 東京.
阿部宗明. 1989. チヒロアカウオ モトアカウオ. p.3-4. 新顔の魚XIX. 伊藤魚学研究振興財団, 東京.
尼岡邦夫ほか. 1976. カラー遠洋漁場の底魚類 第2集. 日本トロール底魚協会, 東京.
石田 実. 1995. タイセイヨウアカウオ. p. 151. 岡村 収ほか(編). グリーンランド海域の水族. 海洋水産資源開発センター, 東京.
石田 実. 1995. オキアカウオ. p. 152. 岡村 収ほか(編). グリーンランド海域の水族. 海洋水産資源開発センター, 東京.
上野達治. 1965. 北海道近海の魚11 ソイ・メヌケ類. 北水試月報. 22(12):522-548.
岡田 雋・小林喜雄. 1968. 北洋魚類図説. (社)北洋鮭鱒資源調査研究会・(社)日本水産資源保護協会, 東京.
千国史郎ほか (編). 1972. カラー遠洋漁場の底魚類. 日本トロール底魚協会, 東京.
中坊徹次 (編). 日本産魚類検索 全種の同定 第2版. 東海大学出版会. 東京.
山田梅芳. 1986. アカウオ. p. 288-289. 山田梅芳ほか (編). 東シナ海・黄海のさかな. 水産庁西海区水産研究所, 長崎.
山田陽巳. 1995. オキアカウオ. p. 153. 岡村 収ほか (編). グリーンランド海域の水族. 海洋水産資源開発センター, 東京.
輸入食品事典研究会(編). 1998. 改訂版 品目別輸入食品事典. サイエンスフォーラム, 東京.

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.