本文へジャンプ
タコとイカの旬

質 問 タコやイカの旬はいつか

回 答
タコやイカを含む頭足類は、魚のように脂がのることはないので、漁獲される時期を旬とする場合が多い。種によって産卵期や生態が異なるので、漁期も特定の時期だけのものもあれば、1年を通して漁獲されるものもある。

解 説

コウイカ
 産卵期は3〜6月で、卵は海藻などに1粒づつ産み付けられる。7月にふ化した稚イカは100日で胴長5〜10cm、200日で10〜15cmに成長する。寿命は1年と考えられている。このため6〜7月には、ほとんど出回らない。8月に入ると、その年に生まれた5cm前後のものが入荷するようになる。これは「しん(新)イカ」と呼ばれる。

ケンサキイカ
 産卵期は3〜10月で、卵は数粒が入った房状の塊で海底の砂上に産み付けられる。生まれる時期によって成長が異なり、春生まれ群が最も成長が早い。1ヵ月で1.8〜2cm成長する。寿命は1年と考えられている。産卵期が長期に渡るので、ほぼ通年入荷する。


ヤリイカ
 産卵期は2〜6月で、卵は数粒が入った房状の塊で海底の岩や魚礁に産み付けられる。6ヵ月で8cm、8ヵ月で10cm、1年で23cmになる。寿命はおよそ1年。5〜11月には食用に適した大きさになっておらず、やや沖合にいるためか岸近くの網では漁獲されないため、入荷しない。


アオリイカ
 産卵期は周年におよぶが、本州沿岸では5〜8月。卵は数粒が入った房状の塊で海底の岩や魚礁に産み付けられる。1ヵ月に5cmの早さで成長する。寿命は1年。産卵期が終わる8月から成長した個体が現れる12月頃までは、あまり入荷しない。


スルメイカ
 産卵期は1〜3月、6〜8月、9〜11月の年3回ある。卵は浮遊性の卵を産む。生まれる時期によって成長が異なり、秋生まれ群は1年で27cm前後、冬生まれ群は24cm、夏生まれ群は23cmになる。寿命は1年と考えられている。産卵期が長期に渡るので、通年入荷する。

ソデイカ
 産卵期ははっきりしないが、6月に和歌山県の沖合で、浮遊性の卵が見つかっている。寿命は1年と考えられている。成長は非常に速い。山陰では独特の樽流し漁で漁獲され、9〜12月に入荷する。


マダコ
 産卵期は3〜11月で、海底のくぼみや石の下などに藤の花に似た房状の卵塊を産み付け、ふ化するまで親が保護する。2ヵ月で1.3cm、10ヵ月で60cmに成長する。寿命は1〜2年と考えられている。産卵期が長いため、通年入荷する。


イイダコ
 産卵期は2〜8月で、貝殻などに藤の花に似た房状の卵塊を産み付け、ふ化するまで親が保護する。寿命は1年と考えられている。産卵期が長いため、通年入荷する。


ミズダコ
 産卵期は6〜7月で、海底の岩棚や岩穴に藤の花に似た房状の卵塊を産み付け、ふ化するまで親が保護する。1年で体重40g、2年で2kg、3年で14kg、4年で30kg以上になるが、個体差が大きい。寿命は4〜5年と考えられている。産卵後は死ぬが産卵期以降でも大型の個体がいるので、通年入荷する。


参考文献
奥谷喬司(編). 1994. 水産無脊椎動物II 有用・有害種各論. 恒星社厚生閣, 東京.
奥谷喬司(編). 1995. サイエンスエッセイ イカの春秋. 成山堂書店, 東京.
水島敏博・鳥澤 雅(監). 2003. 漁業生物図鑑 新 北のさかなたち. 北海道新聞社, 札幌.
山田梅芳ほか. 1985. 東シナ海・黄海のさかな. 水産庁西海区水産研究所, 長崎.

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.