本文へジャンプ
いんどかれい

質 問 “いんどかれい” とはどんな魚か/東京都中央卸売市場年報の “いんどかれい” は標準和名か

回 答  “いんどかれい” は、長崎・福岡・下関地方でのババガレイの呼称の1つ。
 平成14年度東京都中央卸売市場年報によれば、 “いんどかれい” は、兵庫県(229kg)・鳥取県(158)・島根県(581)・山口県(2009)・長崎県(7)から合計2984kg入荷した。

解 説

  “いんどかれい” の由来は定かではない。
 ババガレイはカレイ科の魚で、体長60cmになる。駿河湾以北、日本海各地、オホーツク海、千島列島南部、黄海、渤海(ぼっかい)、東シナ海の水深50-450mの砂泥底に生息。三陸から北海道の太平洋岸に多く分布する。ゴカイ類、ヨコエビ類、クモヒトデ類などを捕食する。
 口は小さく、両顎とも歯は無眼側にのみ発達。鱗は小さい円鱗で、皮下にやや埋没している。鰭条(きじょう、ひれすじ)は肥厚する。体の表面には粘液が多く、ぬるぬるしている。 “なめた(滑多)がれい” 、 “あわふき” 、 “あぶくがれい” などとも呼ばれるゆえんである。
 産卵場は三陸沖、津軽海峡西口付近および釧路以東海域で、特に八戸沖には大きな産卵場がある。産卵場の水深は100〜300m。産卵期は3-4月で、直径1.5〜1.8mmの球形の分離浮性卵を産む。10〜11日でふ化し、ふ化仔魚の全長は3.9〜4.9mm。1才で体長8〜9cm、2才で12〜15cm、3才18〜20、4才で22〜24cm、5才で25〜28cm、6才で27〜31cm、7才で29〜34cmになる。雌は体長32cmで、雄は18cmで成熟しはじめる。
 刺網、底曳網、延縄(はえなわ)などで漁獲される。主に鮮魚で流通し、高級魚として扱われる。肉厚で煮付けにすると美味しいが、フライや唐揚げもよい。旬は冬で、特に東北地方では年越しや正月の料理として珍重される。
 全国の統計資料はないが、東京都中央卸売市場への入荷量(統計資料の鮮魚の “なめたがれい” と “いんどがれい” の合計量)は平成14年度約767トンであった。
 市場では、標準和名のババガレイよりも “なめたがれい” と呼ばれることが多い。このほか、うばがれい・おばがれい(東北地方)、ぶたがれい(北海道)、やまぶしがれい(石川県)など地方名も多い。
 ババガレイ属 Microstomus には、ババガレイM. achne のほかに、アメリカナメタガレイM. pacificus(ベーリング海からカリフォルニア沖)、Lemon sole M. kitt(東部北大西洋)および M. shuntovi(北大西洋の天皇海山)の3種が含まれる。アメリカナメタガレイと Lemon sole はラウンドの冷凍で築地市場にも入荷する量は少ない。ババガレイと同じように利用される。


参考文献 坂本一男. 1984. ババガレイ. p.339. 益田 一ほか(編). 日本産魚類大図鑑. 東海大学出版会, 東京.
東京都中央卸売市場経営管理部業務課. 2002. 平成14年度東京都中央卸売市場年報(水産物編).
三原行雄. 2003. ババガレイ. pp.240-241. 水島敏博・鳥澤 雅(監). 漁業生物図鑑 新 北のさかなたち. 北海道新聞社, 札幌.
山田梅芳. 1986. ババガレイ. pp.396-397. 山田梅芳ほか(編). 東シナ海・黄海のさかな. 西海区水産研究所, 長崎.

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.