本文へジャンプ
さくらだい

質 問 “さくらだい” とは何か

回 答
市場で “さくらだい” と呼ぶのは、桜の咲く時期にとれる雌のマダイのこと。標準和名のサクラダイは、ハタ科ハナダイ亜科の一種で、市場に出ることはない。ほかに西アフリカ産で冷凍で輸入されるタイ科の一種が “さくらだい” と呼ばれたことがある。

解 説

通常、マダイの成魚は水深100m以深にすんでいるが、産卵期になると水深50m前後の浅い岩場に集まってくる(釣り人の間では “のっこみ” と呼ばれる)。マダイの産卵期は、九州沿岸3〜4月、瀬戸内海5月、本州中部4〜5月、日本海北部6月となっており、南で早く北に行くにつれて遅くなっている。この時期のマダイは雄は黒ずむが、雌はより鮮やかになる。
 今日ほど漁業技術の発達していなかった時代には、マダイが群れをなして浅場に来るこの時期は、マダイ漁の時期でもあった。 “さくらだい” の名は鎌倉時代から知られているが、桜が咲くころに捕れる桜色に輝くマダイは、まさに “さくらだい” と呼ぶにふさわしい魚ということであろう。なおマダイの産卵場所は各地にあるが、有名な場所は明石、鳴門、長崎、若狭、東京湾口などである。
 標準和名のサクラダイは、ハタ科ハナダイ亜科サクラダイ属の魚。相模湾から長崎県に分布し、水深25m以深の岩礁に群れている。雌雄で体色が異なる。体調14cmぐらいにしかならず、また、まとまって漁獲されないので、ふつう市場にでることはない。
 西アフリカ沿岸に分布し、冷凍で輸入されるタイ科の1種アサヒダイ Pagellus bellotii に対して、 流通名として “さくらだい” が使用されたことがある。


参考文献
阿部宗明. 2003. 新顔の魚1970-1995 復刻版. まんぼう社, 千葉.
遠洋水産研究所(監). 1972. カラー遠洋漁場の底魚類. 日本トロール底魚協会, 東京.
岡村 収・尼岡邦夫. 1997. 山渓カラー名鑑 日本の海水魚. 山と渓谷社, 東京.
おさかな普及センター資料館. 1999. おさかな情報No.5 「鯛と日本人」.
落合 明・田中 克. 1998. 新版 魚類学(下) 改訂版. 恒星社厚生閣, 東京

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.