本文へジャンプ
シシャモと
カラフトシシャモ

質 問 輸入と国産のシシャモは別種か/北海道のシシャモとノルウェーのカペリンはどう違うか

回 答
シシャモは北海道にのみ分布。鱗(うろこ)が大きく、ワカサギに似ている(シシャモの上あごの後端は瞳孔の後端下。ワカサギは瞳孔の中央下。)。カペリンはカラフトシシャモ(標準和名)のことで、北海道以北の北極を中心にした寒海域に分布する。鱗がたいへん細かく、無いように見える。カラフトシシャモはシシャモが減少したため代用品として輸入されるようになった。現在「ししゃもの干物」としてはカラフトシシャモの方がはるかに多く出回っており、価格も安い。

解 説
シシャモ
学名: Spirinchus lanceolatus
分類: キュウリウオ科シシャモ属
大きさ: 12cm
特徴: 臀鰭(しりびれ)の輪郭は丸みを帯びる。鰓蓋(さいがい、えらぶた)から尾鰭(おびれ)の付け根まで並ぶ鱗の枚数は59〜70。側線は背鰭より前で終わる。胸鰭の鰭条(きじょう、ひれすじ)は10〜12。
分布: 北海道の太平洋岸だけにすむ日本固有種。
生態: 沿岸の水深120mより浅い所にすみ、ゴカイや甲殻類など底生動物を食べる。10〜11月に産卵のため群れで川に上る。雌は大きさ約1.5mmの卵を10000個前後持っており、砂に産みつける。雌雄とも産卵後はふつう死亡するが、若い雌は海に戻り、翌年ふたたび産卵する。寿命は1年半から3年半。卵は翌年の4〜5月にふ化する。ふ化した仔魚は海に流され、沿岸域で成長する。
漁業: 1980年代の漁獲量は年間1000トン前後。

カラフトシシャモ
学名: Mallotus villosus
分類: キュウリウオ科カラフトシシャモ属
流通名: ししゃも、カペリン(capelin)
大きさ: 最大20cm
特徴: 臀鰭(しりびれ)の輪郭は丸みを帯びる。鰓蓋(さいがい、えらぶた)から尾鰭(おびれ)の付け根まで並ぶ鱗の枚数は170〜220。側線は尾鰭の付け根まで続く。胸鰭の鰭条(きじょう、ひれすじ)は17〜20。
分布: 北海道オホーツク沿岸からベーリング海、カナダ東西両岸、グリーンランド、アイスランド、ノルウェー。
生態: 沿岸から沖合の海面付近から水深300mを遊泳し、小型の甲殻類などを食べる。春になると産卵のため大きな群れで沿岸に押し寄せる。雌の群れが先に現われる。0.6〜1.2mmの卵を6000〜12000個海藻や岩などに産みつけ、産卵後は死亡する。寿命はおよそ7年。卵はおよそ40日でふ化する。
漁業: 1996年の世界の漁獲量は152万7千トン、主な漁獲国はアイスランド、ノルウェー、デンマーク、カナダ。
輸入: 2000年の輸入量は32571トンで主な輸入先はノルウェー、アイスランド、カナダ。

参考文献
長澤和也・鳥澤 雅(編).1991.漁業生物図鑑 北のさかなたち.北日本海洋センター,札幌.
細谷和海.2000.キュウリウオ科.pp.295-296.中坊徹次(編).日本産魚類検索全種の同定 第2版.東海大学出版会,東京.
Muus,B.J.and J.G.Nielsen.1999.Sea fishes.Scandinavian fishing year book,Hedehusene.
  

(注・提供資料から一部アレンジ)
   Copyright(C) 2006 touoroshi public relations section,All rights reserved.